「くすのきの家」完成見学会のお知らせ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

新築住宅「くすのきの家」完成見学会

お施主様のご厚意により、新築住宅の完成見学会を開催いたします。

団地の一角ですが、公園の隣という好立地。
郊外の団地の少しゆとりある敷地を活用し、

・雨のかからない玄関先
・家事楽の間取り
・外を楽しむ庭とデッキ
・ワンちゃんと楽しく暮らすドッグラン

を設けています。

公園に立つ大きなくすの木の緑を取り込み、自然を感じながら暮らす。
郊外型の暮らしモデルを、ぜひご体験ください!

 

(下記の見どころもご覧ください)

 

 

日時:令和3年11月27・28日(土・日)

    令和3年12月 4・5日(土・日) 

10:00 ~ 17:00

(要予約・1時間ごとに完全入れ替え制)

場所:広島市安佐北区安佐町

(詳細な場所はご予約後にお伝えいたします)

 

 

また、土日の参加が難しい方を対象に、
開催期間の間(11/29~12/3)につきまして平日のご見学に対応いたします。
ご希望の方は申込ページの「平日をご希望の方」の欄に希望の日時をご記入ください。
平日対応につきましては、ご対応できない時間がありますことをご了承ください。

 

※新型コロナウイルス対策のため完全予約制・1時間1組様完全入れ替え制にてご案内いたします。

※来場の皆様にはマスクの着用、入場時の手指の消毒をお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染拡大の動向により、やむを得ず見学会が変更・中止となる場合がありますがご了承ください。

 

今回の見学会はこんな人に見てもらいたい!

✅田舎暮らしに憧れている人
✅だけど寒いのは大っ嫌いという人
✅ウッドデッキや、庭を楽しみたい人
✅家事楽に憧れるママさん
✅手仕事の家づくりに興味のある人
✅工務店の家づくりに興味のある人

 

「くすのきの家」の見どころ

ドッグランのある庭

〈画像はイメージです〉

 

郊外暮らし・田舎暮らしの醍醐味はやっぱり外遊びですよね。

ただいま工事中のお庭が大きな見所です。
ワンちゃんと一緒に楽しめるよう、広めに確保した人工芝のドッグランと木々に囲まれたプライベートなスペースです。屋根付きのウッドデッキも備えてあり、食事をしたり、ワンちゃんと遊んだり、洗濯物を干したりと、様々な用途に使えるようになっています。収納量十分な倉庫がついているのも便利です。

 

見学CHECK POINT!

外で遊べる場所がいろいろあることが家での暮らしを広げてくれます。上手に道路や公園から距離をとったり目隠しをしたりと、周りを気にせず外遊びのできる空間を体験してみて下さい!

 

 

緑を楽しむ家

 

家のいろいろな場所からお隣の公園の緑を楽しむことができます。
普段の生活のふとした時に窓の向こうに見える緑は、とっても癒しを感じられますよね。

 

見学CHECK POINT!

窓からよい景色が見えても、公園側から見られるのが気になるようではなかなかカーテンは開けっぱなしにできないですよね。
オープンにしていてもほとんど公園からの視線が気にならない、窓の配置と活動空間の関係にも注目して見てください!

 

雨の日知らずの玄関先

<ただいま、お庭の工事中>

雨の日、車から重い荷物をもって玄関先まで走るのはほんと大変ですよね。
このお家では造り付けの駐車場が玄関と一体になっていて、雨の日・雪の日でもゆったりと荷物をお家まで運ぶことができます。宅配ボックスもここに備え付けてあるので、家に入る前に荷物をチェック。家までの道のりがとってもスムーズです。

 

見学CHECK POINT!

玄関先の小さな植栽。毎朝、家族を見送ってくれる、帰りには家族を出迎えてくれる。ちょっぴり心を優しくしてくれるお家の顔もお見逃しなく。

もう一つ、玄関前の小さなベンチにもご注目。お出かけ前に家族を待つも良し、ご近所さんと井戸端会議をするもよし。実はここからの眺めが一番よいという噂も。

 

 

コンパクトな家事楽動線

家の使いやすさは家事のしやすさで決まります。
食材の移動は最小限に。洗濯物は洗って→干して→(たたんで)→しまう。までが一直線に。家事の時短ができれば家族で過ごす時間が増えますよね。そう、いい家は家族の時間が増えるんです。

見学CHECK POINT!

家事を支える家具に注目。設えられた家具はすべて職人さんのつくった家具です。現場でつくるから寸法もピッタリ。テイストもぴったり。細かい使い勝手を考えられた造作家具をぜひ見てみて下さい。

収納は必要なところに必要なだけ。どこにどんな収納があるか、実際に暮らす気持ちで過不足を確かめてみてください!

 

あったかい家

〈床下エアコンで寒い季節も足元からポカポカ〉

 

安佐北区は広島市の中でも冬の寒さが厳しいエリアです。
そんな場所でも朝、布団から出るのが苦痛にならない。一年中心地よく暮らせる家を目指しました。

分厚い断熱材とすき間のないつくりのおかげで、真冬でもエアコン一台でポッカポカ。
「床下エアコン」 という暖房方法で、家中が足元から暖かくなります。

 

|性能値|

断熱性能 / Ua値:0.3 C値:0.5

断熱部材 / 天井:セルロースファイバー t260
       壁:住宅用高性能グラスウール t105
        :フェノールフォーム保温板 t25
       床:押出法ポリスチレンフォーム保温板3種 t65
      開口:樹脂サッシ+トリプルガラス(トイプルシャノン)
         断熱木製サッシ+トリプルガラス(佐藤の窓)

 

見学CHECK POINT!

天井や壁の裏側に隠れてしまっている断熱材は見えませんが、見えている木製サッシにご注目。玄関とメインの窓は木製で見た目も触り心地も優しいつくりになっています。ダイニングにあるメインの窓は2間(3.5m)の大開口!お庭とつながる窓になっています。大きいけれど特殊な金具で意外と軽~く動いてくれます。現地にて実際の重さをご体験ください!

 

 

 

「工務店でたてる家」を見てみよう!

〈2Fデスクスペース〉

 

〈タタミリビング〉

 

工務店の家ってカッコいいの?

工務店の家ってきくと、なんだか地味であか抜けないイメージがありますよね。
この家もけっして派手ではありませんが、落ち着いたカッコよさのある家になっていると思います。

木、土、自然の素材、を活かす伝統的なテイストに、最新の技術をとりいれていくのが『令和の工務店スタイル』です。

 

大手メーカーに比べて心配されがちですが、小さな工務店でも性能はばっちり。

・耐震性能=耐震等級3
・温熱性能=Heat20 G2

を余裕をもってクリアしています。

 

工務店の家の特徴は、既製品を使うのではなく、
職人さんがその家の大きさや使い勝手に合わせてひとつひとつつくっていくところです。
だから棚や家具がぴたっと納まってきれいに見えるんですね。

今回のお家では

・大工さんのつくる造作家具
・建具屋さんのつくる造作建具
・左官さんの塗った外壁(そとん壁)

に職人さんの技術を見ることができます。
ぜひ注目して見てみて下さい。

 

工務店の家づくりは住み手と二人三脚。
大きなところから小さなところまで一緒に悩みながらつくり上げていきます。
意外なところに収納があったり、小さな工夫があったり。

 

僕たちの考えているのは、
どうやったらもっとカッコよく(美しく)なるか。
どうやったらもっと長持ちするようになるか。
どうやったらもっと使いやすくなるか。

みんなが喜んでくれる家をつくることを考えています。

毎日のように現場で、あーでもない、こーでもないと「つくるを楽しんで」いるんです。

 

「くすのきの家」は住まい手や職人さんと一緒にたくさん「つくるを楽しんだ」お家です。
住み手の暮らしをしっかりしっかり考えてつくった、使いやすくて心地よさのある「いい家」になっていると思います。

今どきの「工務店のたてる家」をぜひご体験ください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 株式会社田村建設 , 2021 All Rights Reserved.